滝川クリステル、動物保護財団を設立。動物愛護にかける熱い想いとは。

 

日本を代表するアナウンサーで、2013年夏季東京五輪誘致にて「お・も・て・な・し」が年間流行語大賞を受賞したことがきっかけで海外にもその名を知られることとなった滝川クリステルさん。

滝川クリステルさんといえばハーフで堀の深い、整った顔立ちとアナウンサーという職業柄、華やかなイメージがあるのですが、実は以前より動物保護、特に殺処分問題に対する熱心な活動家としても知られています。

2014年5月には、動物保護(殺処分ゼロ、生物多様性保全)を目的とした財団、クリステル・ヴィ・アンサンブルを設立しました。

そんなクリステルさんの動物保護活動についてご紹介します。


- Sponsored link -

20140904-lokahi-takigawachristel (3)
画像出典:滝川クリステル公式Facebook

 

こんにちは、滝川クリステルです。
この度、財団を立ち上げることになりました。

長い間、この日を夢見ていました。

声を出して何も訴えることのできない
弱い立場の動物たちを守ろうと声をあげる人々…
私はこの少数派の人々の声が少しでも世の中で当たり前の声となれるよう、
このような決断をするに至りました。

ゼロから何かを産み出す作業は、想像以上に大変でした。
でも、心はずっと温かいままでした。

今回プロジェクトに賛同し、善意で協力をしてくれている方々が
同じ気持ちで弱い立場の動物達の”声なき声”に寄り添ってくれようとしていることが
何よりも嬉しいことだったのです。

このような方々の気持ちがきっかけとなり、この財団を通じて大きな輪となり、
人と動物の本来の健全な支え合いを取り戻し、
豊かな共存の形を築いていける日を願っています。

全文を読む:一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル|滝川クリステル オフィシャルブログ「L’essentiel est invisible pour les yeux “目に見えない大切なこと”」Powered by Ameba

 

◆滝川クリステルさんが動物保護、生物多様性保全のために立ち上げた財団法人、クリステル・ヴィ・アンサンブル

一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル

 

 

 

 

 

なんとか法律の改善と一人一人の意識を変えていかないと、
このように命を救う活動をされている人たちは奔走し、
つらい想いをするばかり。
そして、大切な命が消えていってしまっているのです。

みなさんの支援もお待ちしています。
宜しくお願いいたします。

(滝川クリステルさん 公式フェイスブックより)

 

20140904-lokahi-takigawachristel (8)
画像出典:滝川クリステル公式Facebook
20140904-lokahi-takigawachristel (1)
画像出典:滝川クリステル公式Facebook

 

財団の活動は具体的にはProject ZeroとProject Redに分かれており、
Project Zeroは、年間16万頭のペットが殺処分されている日本において

・保護犬の就職支援
・フォスター連携支援
・シェルター支援
・啓蒙活動
といった活動を行い、2020年までに犬猫殺処分ゼロ、放棄ゼロ、虐待行為ゼロの実現を目指します。

Project Redでは、

・絶滅危惧種の住む土地を買い取り保全する活動のサポート
・絶滅危惧種の保護施設、保護活動の支援
・生物多様性保全の為の啓蒙活動
といった絶滅の危機に瀕した野生動物を救い、生態系を守る活動を行っていきます。

20140904-lokahi-takigawachristel
画像出典:[安倍宏行]<滝川クリステルさん、財団立ち上げ>動物愛護に本腰

 

また、滝川クリステルさんの公式ブログ、「L’essentiel est invisible pour les yeux“目に見えない大切なこと”」では次のように語っています。

滝川クリステル オフィシャルブログ「L’essentiel est invisible pour les yeux “目に見えない大切なこと”」Powered by Ameba

 

 

動物は人間が手を差し伸べない限り、
例えどんなに体が大きく、力があったとしても、
人が考える営利目的の”物”として彼らを認識したときの行動には
太刀打ちできなくなるのです。
この非道な人間の気持ちが象ほどの生き物ですら、
それを凌駕し、支配してしまうのです。
このような例はあくまでも氷山の一角です。

私たち人間は、少なくとも、声を出したり、
知恵を絞り、何かを考え、
現状を打破する術を考えることができる生き物です。

早く誰か、このような動物たちに安らぎを与えてほしい、
そう願うだけではなく一人一人に何か行動を起こす力が
あるはずです。

私が大事に心に留めているマハトマ・ガンディーの言葉です。

「国の偉大さと道徳的発展は、
その国における動物の扱い方で判る」

「あなたが望む世界を見るためには
あなた自身が変わっていかなくてはならない」

全文を読む:涙を流す象|滝川クリステル オフィシャルブログ「L’essentiel est invisible pour les yeux “目に見えない大切なこと”」Powered by Ameba

 

20140904-lokahi-takigawachristel (6)

今後は財団の中でグッズの販売なども行っていくようです。
先進国でありながら、ヨーロッパよりも数十年年も遅れをとっているともいわれる日本の動物に対する倫理観。
影響力や知名度のある方がこうしてアピールしてくださることで大きな追い風になることに違いありません。
財団への支援 | 一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル
◆財団への支援はこちらから

♥︎facebookでフォローしてくれたら嬉しいです



- Sponsored link -