その不調、好きな食べ物が原因かも?!遅延型フードアレルギー

片頭痛、慢性疲労、鼻炎、喘息、アトピー、PMS、生理痛etc…
体質だから仕方がない、と思っていませんか?

それらの不調、実は大好きな食べ物が原因かもしれません!


- Sponsored link -

遅延型フードアレルギーとは?

特定の食物でアレルギー反応が起きる病気を「フードアレルギー」といいます。
一般にアレルギーというと、花粉や金属、食べ物では、卵・蕎麦などが原因でかゆみや湿疹などの症状が出る「即時型アレルギー」が知られています。

しかし、即時型とは異なり、すぐに症状が出ない「 遅延型(潜在型)アレルギー」があることをご存知でしょうか。
食後6〜24時間後に体内で炎症が起こるため、気付かずにその食べ物を食べ続け細胞が慢性炎症となり、さまざまな炎症となって現れます。
また、細胞の老化にも繋がってしまいます。

日々知らずに摂っている食べ物が原因になっていることも多いので、
アレルギー食品、抗原を確認し、あなたの食事や生活から排除することは症状改善の手助けになるかもしれません。

引用元:遅延型フードアレルギー検査|とりい皮膚科クリニック

lokahi-chiengata-allergy (1)

一般的に、食べたあとすぐに反応が出る即時型は本人の自覚があるため、除去するなどの対策をとりやすいのですが、すぐに反応が出ないのが遅延型フードアレルギーの恐ろしさ。

これらを知らずに摂取していると、以下のような不調の原因になることも指摘されています。

 

遅延型アレルギーで起こりうる症状

▷消化器官
過敏症腸症候群、ガスがたまる、便秘、下痢、吐き気など

▷神経
偏頭痛、不安神経症、情動不安定、力不足など、憂鬱、集中

▷筋骨格系
関節炎、関節痛、筋肉痛、だるさなど

▷泌尿生殖器系
夜尿症、頻尿、ほてり、尿意切迫、膣のかゆみ、おりもの、月経前症候群(生理痛)など

▷呼吸器系
ぜん息、鼻水、鼻づまり、慢性副鼻腔炎、慢性咳、咽頭炎など

▷循環器系
不整脈、胸痛、高血圧、頻脈など

▷外皮系
にきび、アトピー性皮膚炎、ふけ、湿疹、目の下のくま、多汗など

▷その他
慢性疲労、むくみ、口内炎、ドライアイ、涙目など

lokahi-chiengata-allergy (3)

遅延型フードアレルギーは、IgG 96 スタンダード・フード・パネル(日本)[アレル・チェック 検査キット]【送料無料】を使って自宅で検査することができます。

 

とても小さな針で指から少し採血して検査機関に郵送すると、96項目もの食べ物の中から遅延型フードアレルギーが5段階で細かく検査され、検査結果が自宅に届くというもの。

一度検査しておけば生涯に渡って自己管理ができますし、自分の身体を知って病気を予防したり日々を気持ちよく過ごせるというのはなにものにも変えられません。

私TORAJIも、慢性疲労などの不調が気になって、遅延型フードアレルギー検査を試してみましたので、レポートはまたのちほど!

♥︎facebookでフォローしてくれたら嬉しいです



- Sponsored link -