動物と環境に優しい、エシカルなファッションブランドが誕生!

みなさんは、日本では毎年どれくらいのお洋服が捨てられているかご存知でしょうか?
その数なんと、日本だけで年間20億着。


- Sponsored link -

日本人女性は海外諸国の間でもおしゃれだと評判ですが、同時にその裏で毎年大量の洋服がゴミとして捨てられている事実があります。
またそのほとんどは着れなくなったのではなく、「なんとなく飽きた・・」
といった理由から。

ですがお洋服も地球の大切な資源であることには変わりなく、
単純なゴミの問題だけでなく、生産過程においては、コットン生産の段階で農薬・肥料を散布して土壌や空気を汚染したり、洋服を染め上げる染料で水を汚染したり、
動物を苦しめたりしています。

これら大量生産有りきの春夏・秋冬と繰り返されるサイクルに違和感を感じ、誕生したのがエシカルブランド「COUTUME BY HER」。

lokahi-coutume-by-her

COUTUME BY HER | クチューム バイ ハー オフィシャルサイト

 

 

 

素材にはオーガニックコットンやテンセルといった環境に優しい植物性のものを使用し、
地球資源を無駄にしない完全受注方式となっています。

lokahi-coutume-by-her (2)

よりエシカル(倫理的)な理念の上で服を作りたいという想いで「COUTUME BY HER」をスタートさせました。
洋服を形作る素材は元を辿れば、地球の貴重な資源です。
私たちは地球の限りある資源を有効に利用する為、必要とされる分だけを作る完全受注制で販売を行います。
在庫を持たない事で資源の無駄を省きます。
また、オーガニックコットンをはじめとする環境に配慮した素材も積極的に取り扱っていきます。

引用元:COUTUME BY HERプレスリリース

 

lokahi-coutume-by-her (5)
エシカルでありながらアーステイストでないスタイリッシュなデザインが特徴

 

lokahi-coutume-by-her (3)

 

動物にも配慮

 

「動物性素材を一切使用せず、VEGAN(ヴィーガン)の方でも着ていただけるクルーエルティフリーな洋服を制作します。」

また、私たちはアニマルライツ(動物の権利)の考えに賛同します。
世界中には衣服の素材になる為だけに産まれてくる、数えきれないほど多くの動物たちがいます。
毛皮(リアルファー)やレザー、ダウンなど、様々な動物性素材が代替可能な現代において、ファッションの為の動物の犠牲は必要ないと考えます。

lokahi-coutume-by-her(8)

 

洋服の素材として使用される動物性素材の中には、リアルファー製品のように、うさぎやきつね、タヌキといった動物を檻に閉じ込めて生きたまま毛皮を剥いだり、ウールのように水もエサも与えずに長距離輸送したり、ダウンのように羽毛をむしったりといった倫理性に欠ける生産方法も多く存在しています。

◆参考記事:
・  苦しみ続ける動物達の為に◆さっち~のブログ◆ ウールの思い込みを卒業しよう
・  殺すより残酷?アンゴラ製品の生産方法 | アニマルライツセンター
・  ダウンの作られ方 | アニマルライツセンター

デザイナーである海澤さんご自身も、菜食主義を実践し生活の中から動物性素材を排除していらっしゃるのだそうです。

大量生産、大量廃棄。
物質的な豊かさを享受し尽くした結果、「何かがおかしい」と気づき始める人が増えています。
これからの時代、地球へ配慮した製品選び、精神的豊かさに重点を置いたブランドはますます注目されてくることでしょう。

 

COUTUME BU HERブランド詳細は、プレスリリースをご参照ください。

 

♥︎facebookでフォローしてくれたら嬉しいです



- Sponsored link -