【騙されないで!】あなたの化粧品に入っている危険な成分

「無添加の化粧品を使っているから私は大丈夫!」 

「オーガニックコスメだから大丈夫!」

ちょっと待って!実はその化粧品、お肌に危険な成分が含まれているかもしれません。


- Sponsored link -

多くの消費者は成分については詳しくない方、もしくはまったく見ないというがほとんどで、使い心地やCM・広告のイメージで選んでしまいがちです。こうした化粧品ブランドは宣伝費にお金がかかっていて、成分そのものだけの原価は数十円、ということもザラなのです。

一般的に化粧品や食品にはキャリーオーバーといって成分がすべて表示しきれない際にまとめて表示することができる法律があり、実は無添加やナチュラル、オーガニックをうたった製品の多くには、表示されていない成分が微量に含まれていたり、
国の認可のある添加物の場合、使用していても「無添加」と表示できるんですね。

無添加コスメに多いのが、ジメチコン、シクロメチコン、カルボマなどの合成ポリマー成分。

これはこれ、ビニールと同様の成分で肌の表面に膜を張ってくれるので使ったときにはすべすべになるのですが、お肌にべたっと張りついてしまうので洗顔などで落ち切れずにお肌の老化やトラブルの原因となってしまうのです。

合成で作られているので、変質しないし腐らない原料として、化粧品に多く使われています。 少量でクリーム状にすることができ、さわり心地もやわらかくてべたつかないため、乳化剤として使われます。 また、ツルツルとした肌触りもあるため、クリームがなめらかになります。

合成ポリマーは被膜

肌がつるつるになった!と思っても、実はビニール状のクリームで肌をおおっているだけ、 という場合も有ります。合成ポリマーは水分をのがさないので、肌の上にのって、 肌表面がさらっとします。
化学物質なので、体内の汗や油を排出する通り道をふさいでしまいますし、 肌上にある常在菌も、合成ポリマーを消費はしてくれません。本来人間として機能していた肌の表面が、 化学物質によってふさがれてしまい、肌をいためることになりかねません。

それでも合成ポリマーが 入った化粧品を使うと、肌表面はつるつるしますし、 肌触りもなめらかなので、自分の肌が痛められていることに気がつきません。これらを使い続けることで肌トラブルはもちろん、肌老化も招きかねません。

代表的な合成ポリマーとして、ジメチコン、カルボマーK、シロキサン、アルリル酸、セルロースなどが上げられます。これらの成分には十分気をつけましょう。

安心なスキンケア

私のおすすめは、太陽油脂株式会社のオーガニックライン、「素肌レシピ」
lokahi-20150116-suhadarecipe (4)

 

素肌レシピの化粧水、レッシュスキンウォーターの全成分を見てみると、

水、オレンジ果実水、グリセリン、エタノール、ベタイン、トレハロース、イノシトール、タモギタケエキス、セージ葉エキス、セイヨウサンザシ果実エキス、ローズマリー葉エキス、ナツミカン花水、オタネニンジン根エキス、ニンジン根エキス、トマト果実/葉/茎エキス、シソ葉エキス、セイヨウハッカ葉エキス、オレンジ花油、クエン酸、クエン酸Na、ヒノキチオール

と非常にすっきりした、一見して原料の由来がわかりやすい天然成分ばかり。

また、ボトルに再生原料を100%使用、太陽光発電の導入、動物実験を行わない、動物性成分を一切含まないなど、環境保護や動物愛護にも非常に意識が高い点もおすすめポイントです♪

動物実験に反対の方、ヴィーガンの方にも安心してお使いいただけますね^^

lokahi-20150116-suhadarecipe (3)

lokahi-20150116-suhadarecipe (1)
ミルキーメイクオフ(メイク落とし)を見る

モイスチャーミルク(保湿クリーム)を見る

フレッシュスキンウォーター(化粧水)を見る

スムージーミルク(乳液)を見る

ドライケアオイル(美容オイル)を見る

素肌レシピはテレビCMや大々的な広告なども行っていないため、高品質なオーガニックスキンケアを安価に消費者に提供できるしくみになっています。

lokahi-20150116-suhadarecipe (6)

自然の一部である私たちも、身体に入れるものはなるだけ自然のものにすること、ともに生きる動物たちや自然への思いやりをもった心を養うことで、より健康に美しくあれるのだと思います。^^

♥︎facebookでフォローしてくれたら嬉しいです



- Sponsored link -