【熱帯雨林を守ろう】~日々の生活の中でできること~

地球の表面の約70%は海で、残りの約30%が陸地です。
陸地の約30%が森林で、その面積はおよそ38億7000万ヘクタール(2000年現在)です。これは日本のおよそ100倍の広さです。

しかし、世界の森はいまどんどん減っています。


- Sponsored link -

森林の面積は1990年から2000年までの10年間に、およそ9400万ヘクタールも少なくなりました。
日本全体のおよそ2.5倍の森林が10年間で消えてしまったことになります。

森林面積の減り方が激しい大陸は、アフリカ大陸と南アメリカ大陸で、そのほとんどは熱帯林です。
とくに西アフリカ、熱帯の中央アメリカ、南アメリカ、東南アジアなどの熱帯林の減り方が激しいのです。
熱帯林が減っている原因は、森を切り開いて畑や牧場などの農地にしたり、木材を紙や建築に使うために、木を切ってしまったりしたからです。

lokahi-20141216-nettaiurin (9)

 

地球上の植物の量の半分が熱帯林にあるといわれています。熱帯林は二酸化炭素をとじこめる重要な働きをしています。
また、まだ見つかっていない多くの生き物もすんでいるはずです。 熱帯林が減ることは、地球全体の気候にとっても、人間の暮らしにとっても大変困ったことです。

lokahi-20141216-nettaiurin (4)

私たちにできること

 

■パームオイルを含んだ製品を買わない

パームオイルは安価であることから日本国内でも多くの食品や化粧品、石鹸製品に使用されています。
毎時間サッカー場300個分の熱帯森林がパームオイルの生産のために失われています。
パームオイルという表記はされていないものがほとんどです。多くは「グリセリン」「植物油脂」「ベジタブルオイル」といった表記がされています。これらの表記を見たら買わない、もしくはメーカーに問い合わせるようにしましょう。

lokahi-20141216-nettaiurin (1)

lokahi-20141216-nettaiurin (5)

lokahi-20141216-nettaiurin (2)

 

 

■動物性食品の消費を減らす

畜産のために多くの牧草地が失われています。畜産は家畜に多くの穀物を与えてそれを食することからエネルギー効率が大変悪いものであることは明確ですが、
莫大な水資源を必要とすること、また二酸化炭素の排出やメタンガスの排出により温暖化の原因になっています。
また、日本のほとんどの畜産において輸入飼料が使われていますので、輸送に関しての石油等、あらゆる面で地球に多大な負荷をかけています。
日本全国に菜食のレストラン・カフェがあります。
また最近では菜食のお料理本などもありますので、ぜひ活用してみてください。
↓↓
*全国の菜食レストラン検索VegMag(ベジマグ)

 

■植林活動に参加するorサポートする
参考までに、こちらはわたしの友人で沖縄の海の清掃や植林活動を行っている、宇宙の子マサくんのブログです。
宇宙の子マサのこころに木を植える活動日記

植林活動の開催予定なども随時更新されますので、ぜひお気に入りに登録して購読してみてください^^!!

 

 

■中古本を購入する。再生紙の製品や再生原料を使ったトイレットペーパーを購入する。マイ箸を持参する
日本は世界有数の緑の多い国(緑被率69%で先進国第2位)である一方、世界第3位の木材輸入国です。
一年間の消費を木造住宅に換算すると

割り箸:2万軒分(年間250億膳)
牛乳パック:3万軒分(一日2000万パック)
ティシュペーパー:7万軒分(50万トン)
トイレットペーパー:14万軒分(95万トン)
雑誌・書籍・新聞:70万軒分(500万トン)
紙製品だけで年間300万軒(1200万人分)
にも及びます。

これは東京都の人口に匹敵する量です。

 

野外イベント等に際して割り箸などを使用する方も多いと思いますが、本当に地球のことを思うイベントなのならば、イベントにはマイ箸やマイカトラリーの持参を義務付けてもいいのではと思います。

 

まずは生活の小さなところから見直していきたいですね!

♥︎facebookでフォローしてくれたら嬉しいです



- Sponsored link -